キャッシングは返済計画をきちんと立てよう。

キャッシングというと、返済が滞って問題になるとか、なんとなく怖いというようなイメージを持っている人は少なくないんじゃないでしょうか。
キャッシングは消費者金融などでお金を借りたりすることですが、消費者金融と聞くと問題が多そうで抵抗のある人は多いと思います。
でも、きちんと返済計画を立てて余裕を持って返済できるようにしていけば、問題がおこるよりも、逆に便利に使えるシーンの方がたくさんあります。
例えば、急な出費で50万必要になったけれど、自分の貯金では賄えないという場合があったとします。
そういう場合に、キャッシングをする業者にもよりますが、即日で審査してその日に振り込みをしてもらえる場合があります。
申し込みも窓口まで行かなくてもネットやFAXで審査が下りる業者もあるので、仕事の都合などで窓口に行く時間が取れなくても融資してもらえてとても便利です。
キャッシングで問題になってしまうのは、自分の収入に見合わないような無理な返済計画を立ててしまったり、自転車操業のようにあちこちから借りてしまう人の場合なので、返済計画に気を付けていればキャッシングは怖いものではないと思います。

キャッシングはけっこう使いました

最近こそ、ちょっとご無沙汰していますが、キャッシングはけっこう使いました。
私の場合、小遣いで返せる範囲でしか借りないのでせいぜい5万円、多くの場合は3万円以内というささやかな使い方でしたが、それでも急な出費がある時など、重宝しました。
私の場合、急な飲み会、宴会の時など使うことが多いのですが、あらかじめ飲み会の予定がわかっていて財布の中身が寂しい時は妻に言って貰ったりもしますが、急な会があって小遣いの通帳の残高が無いという悲惨な時があったりしたら、お世話になることが多かったようです。
銀行のキャッシングカードと、クレジットカードのキャッシング機能とを使い分けていましたが、使い勝手はどちらも同様になりました。
コンビニのATMで出入金が出来るようになったのは大きいです。
一つのカードに返済残高があるうちは別のカードで借りない、等のルールを自分なりに決めて使うようにしていたので、返済に困るという事態は一切生じませんでした。

This entry was posted on 2014年11月26日. Bookmark the permalink.