前立腺刺激によるドライオーガズムがすべて解決してくれました

若い人から老人まで、誰もがセックスやオナニーについて語ることができるようになった現在、その快感の得方についてみんなが興味を持っています。
男性が絶頂を迎えるのは射精との固定概念がありますが、これは見た目にも絶頂に至ったのがわかりやすく、ペニスを刺激する簡単な方法が広く知れ渡っているからです。
女性の絶頂はアダルトビデオで見るように、全身を激しく痙攣させ、大きな声を出して「イク」状態を指します。
これは、膣内あるいは全身で快感を感じ取っている状態であり、非常に大きな絶頂感があるようです。
男性も女性のオーガズム状態に酷似した絶頂状態に至ることがあり、それが射精を伴わないドライオーガズムとして認識されたのはつい最近のことと聞きました。
ごくまれに小学生くらいで精通がない男子が射精を伴わずに絶頂を迎えることがあります。
これがドライオーガズムであり、男性としての機能が未発達であるがゆえに射精せずに絶頂に達するパターンです。
成人した男性はペニスをしごいたり、刺激を与えることにより、射精が優先されてしまうので、射精を伴わない絶頂を感じるのは難しくなります。
しかし、ここ最近の研究により、前立腺を効果的に刺激することで、いとも簡単に射精なしで絶頂を得ることができるとわかったのです。
その効果は絶大で、射精の何倍もの快感が全身を襲い、びくびくと体を震わせるような状態が少しの間続きます。
アナルセックスは男性同士の間で昔から盛んに行われていました。
しかし、私はどうしてもこれが理解できず、どこで気持ちよくなるのだろうと疑問に思っていたのです。
その疑問も前立腺刺激によるドライオーガズムがすべて解決してくれました。
確かにアナルセックスなら、ペニスを挿入されることで男性は前立腺を直に刺激され、非常に大きな快感を得ることができます。
その際射精を伴うこともなく、かなり長い時間に渡って快感が持続するので、その分気持ちよい状態が長くなるわけです。
男性同士のセックスは古来よりアブノーマルとされてきましたが、それはあまりにも快感が大きすぎるからだと初めてわかりました。
現代社会ではそれはもはや自由に行われているメジャーな行為です。こちらも参考にすると分かりやすいかもです⇒ドライオーガズム、その方法を確認しよう
風俗店の中で、性感エステなどは特に今話題のドライオーガズムに特化したサービスを行っています。
風俗嬢がみんなお客のアナルに指などを入れ、前立腺刺激のツボを心得ている状態で奉仕してくれるのです。
私もある時を境に性感エステにはまり、なじみの女の子がいるお店に行っては射精せずに絶頂を体験して、かなり満足できました。
最初はびっくりしてしまい、「おおっおおっ」などとかなり大きな声がたてつづけに漏れてしまったようですが、今はだいぶ慣れたようです。
性感エステではお店側がお客さんに満足してもらえるように、風俗嬢の技術力を一定化させる教育を行っています。
そのため、普通の風俗では味わえないプロならではの快感の与え方が実感できるのです。